ココロとカラダが幸せになるお野菜料理 重ね煮 戸練ミナのオフィシャルサイト

重ね煮料理 戸練ミナのオフィシャルサイト

HOMEニュース重ね煮とはアレンジ料理プロフィールお問い合わせ

戸練ミナ プロフィール

戸練ミナ
戸練ミナ
奈良県出身 長野県安曇野市在住 栄養士/調理師
子供の頃から、とにかく食べることが大好き。
割烹、フランス料理店、自然食レストラン、パリでのパティシエ修行、カフェ、病院の食養科と様々な場面で「食」にたずさわる体験を通して、「野菜ってスゴイ!!」「重ね煮ってすごい!!」を実感。2007年より“パティスキュイジーヌ慶奈”を立上げ、神戸・東京を中心に各地で「野菜をおいしく食べてHappyになる」輪を広げようと活動中。

<パティスキュイジーヌ慶奈 主な活動内容>
・料理教室 神戸・東京にて定期開催
・出張教室 要望に応じ、各地で出張重ね煮教室実施
・食育講座 短大での講義、幼稚園での親子料理教室
・企業研修 企業でのスタッフ研修講師
・メニュー開発 重ね煮を使ったランチやスウィーツメニューの開発
・プライベートシェフ 重ね煮のフルコースなどオリジナル野菜料理のケータリング

両親と愛犬ごんじろうと
重ね煮との出会い
両親が「重ね煮」の考案者である故小川法慶氏に学んだ縁で、家の食卓には重ね煮で作る野菜料理が多く並んでいました。でもこの頃は、「重ね煮」という言葉も知らず、ただ我が家の味として食べるのみでした。
べてぃず・きっちん 「お食事処 野乃庵」を安曇野市穂高にて営業中。
重ね煮のお料理をコース仕立てでお召し上がりいただけます。ご予約は、二日前までにお願いします。

http://www.bettys.jp

パリ修行時代
食の道へ
食べることがとにかく好きで食の道を選び、短大で栄養学を学んだ後、割烹・フランス料理店で働きながら調理師学校を卒業。特にスウィーツに目がなく、両親が営む天然酵母パンと自然食のレストランべてぃず・きっちんでは野菜・豆腐などを使ったオリジナルケーキを製造・販売。しかし、その一方でフワフワ・キラキラの華やかなケーキへの憧れがふくらみ、パティシエ目指してフランス・パリへ。

一心に修行するも添加物や着色料を使ったお菓子を作ることへの抵抗を感じて迷い始めます。

この日の給食献立は「豆腐のラザニア」
実はべてぃず・きっちんの
人気メニューです。
重ね煮再発見
帰国後、「重ね煮は人間の自然治癒力・免疫力を高める」との考えを持つ九州・佐賀のクリニックで食養科科長として勤務。

実は、我が家の料理が「重ね煮」で、しかもそんな力を持っているということをきちんと認識するのはこの時からなのです。

東洋医学と西洋医学を統合した治療の一環としての食事づくりを、材料調達から献立作成、調理、栄養指導、スタッフ教育と全面的に立上げる中で重ね煮と日々真剣に向き合い、その素晴らしさに改めて気づきます。

食養科スタッフと
壁にぶつかる
「重ね煮ってすごい!」を発見し、患者様にもおいしいといっていただけて嬉しい日々でした。けれど、ある時患者様から「重ね煮を強制しないでほしい」と切々と訴えられてしまったのです。

「重ね煮はすばらしい!」「重ね煮を食べて元気になってほしい!」という思いのあまり、無意識のうちに「重ね煮は正しい」「重ね煮を食べなくてはだめだ」という押しつけムードをかもしだしていたのかもしれないと思いました。

これがきっかけで食べることってなんだろう?をもう一度見つめ直します。それは、生活の中で両親から自然に教えられてきた“食べることの大切さ”を自分自身の感覚でどうとらえるか、どう表現するかを探る過程だったように思います。
Happy
そして出てきたのが、“野菜をおいしく食べてHappyになる”でした。
私たちは生命ある食べ物を食べ、それが私たちの身体の中に入って私たちの生命となって生きている。そのことに感謝して料理し、おいしくいただく。それが、食べることが大好きな私のHappyの素なんだと思いました。生で食べる、煮る、焼く、蒸す、重ねる、いろんな方法でいろんなおいしさをいただけばいいと思うのです。そして、健康はその結果、後からついてくるもので、「健康のために食べなければならない」のではありません。

そう思ってもう一度重ね煮に向き合ってみると、重ね煮は「野菜をおいしく食べてHappyになる」ことをダイレクトに、しかも深く実感できる料理法だということを強く感じます。

カフェ&洋菓子店のために開発した重ね煮で作った「おやさいシュークリーム」「パウンドケーキ」どんぐりの木で食べられます!
重ね煮に導かれて
あらためて重ね煮の魅力に気づくと、多くの人たちに伝えたい!!という気持ちがムクムクと湧き起こり、“パティスキュイジーヌ慶奈”を立ち上げました。

パティシエ、キュイジーヌ(料理)というフランス語と、小川法慶先生の“慶”、ミナの“奈”です。どんな意味??とよくきかれますが、私の食人生においてとっても大事な言葉から創りました。

初めは料理教室だけだったのが、重ね煮に導かれるように、多くの方とご縁がつながり、自分でもびっくりするほど色々な形に広がってきました。
ぜひ一緒にココロとカラダでHappyを感じましょう!
 
Copyright (c) 2015 toneri-mina All Right Reserved.